幼稚園の受験で願書の提出方法を知っておく

大学を受けようとするときには郵送で願書を提出します。それよりも後に本学受付をしてもらえることがあります。郵送で間に合わないときは実際に学校まで行って行うことがあります。最近はネットから申し込むことができ割引が受けられる場合があります。幼稚園の受験をするときには願書の提出方法を知っておきます。基本としては郵送で送ることが多いようです。郵送の場合は到着日がいつになるか確定できません。締め切り日の数日前には届くようにしておくと安心できるでしょう。締め切り日になってようやく願書を作成した時はどうすればよいかです。その日に直接持っていけば受け付けてもらえるかです。園によっては郵送のみしか受け付けないところがあります。直接持って行って対応してくれるかどうかはわかりません。ルール外になるので合否への影響は免れないでしょう。

幼稚園の受験では実際に行って見学をする

自分が行く学校を選ぶときに実際に行ってみることがあります。さすがに突然行って授業を見学させてくれるところはないでしょう。オープンキャンパスなどに行くと実際の授業の様子や学校の施設などを見ることができます。授業風景が見られるかどうかは学校により異なります。幼稚園の受験をするとき、子供が実際に園に行くかと言えばそれはないでしょう。子供自身が行きたいと言って行かせるわけではありません。親の判断で行かせることになります。親が自分の目で自分が考える教育が行われているかどうかを調べる必要があります。園によっては見学をさせてくれるところがあります。子供が教育を受けている様子などを見ることができます。実際に見れば子供の目の輝きなどを実際に知ることができます。パンフレットなどではわからない様子なども知ることができます。時間を作って見学するようにしましょう。

幼稚園の受験では系列学校への進学状況を見る

私立の学校にはエスカレーター式にどんどん進学できる場合があります。高校に行っていれば大学に優先的に入学できるところはあります。大学がある学校の系列校に進んでおけば、少なからずそちらに入学できる可能性が得られるかもしれません。幼稚園の受験をするときに系列学校への進学が可能かどうかを見ることがあります。小学校があるときに小学校に入学できるかです。これは各園で決まりを作っています。希望者は無条件で行くことができる場合もありますし、一定お試験を別途受ける必要があるかもしれません。親としては系列校への進学を想定して幼稚園に入れたい場合があります。小学校があるから必ず行けるわけではないので学校の方針を知っておく必要があります。全員が行けるのか、一部しかいけないのかなどは過去の情報などから調べられることもあります。円を決めるときの要素にもなります。

多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 希望の幼稚園、小学校の受験対策に特化したクラスでは合格まできめ細かく指導します。 伸芽会は小学校や幼稚園受験をする子どものための幼児教室です。 発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。 幼稚園受験を考えている方におすすめ